日本選手権大会の会場変更について

来年2月に開催される日本選手権大会は新型コロナの影響を受け、
横浜市の新横浜スケートセンターでの開催を取りやめ、
北海道の稚内市みどりスポーツパークで無観客で実施する事になりました。

今大会の参加チームは男女とも例年より2チームずつ減らし各7チームとし、
2022年北京冬季五輪の代表候補チームの選考を兼ねて行われます。

PACC稚内大会中止と2021年世界選手権出場枠獲得について

世界カーリング連盟からPACC含めた5大会の中止が発表されました。

また、2021年4月カナダのオタワで開催される世界選手権への出場枠獲得も発表されました。

なお、世界選手権に出場する日本代表チームは、
21年2月に新横浜で開催される日本選手権大会の優勝チームが選出される予定です。

■「Five 2020–2021 season world qualification events cancelled」
( https://worldcurling.org/2020/09/event-cancellations/)

[ スキップ:松村雄太のコメント ]

まずは非常に残念な決定ではありますが、
選手や関係者の安全を第一に考えた決定だと受け止め、世界連盟の決定を支持します。
またこのような状況の中でも、日本が世界選手権への出場権を得たことは、
オリンピックへ向けてポジティブな要素でもあり、
日本が今まで世界へ向けてチャレンジを続けてきた成果だと感じています。

今シーズン1つめの目標がなくなってしまいましたが、
目指すところは変わらず、進むべき道も変わりません。
今後も感染予防を徹底しながら、ポジティブな部分に目を向けて、
まずは次の大会へ向けて準備を続けたいと思います。

皆様の前でプレーできる日を楽しみにしています。

松村雄太

株式会社シズナイロゴス様オフィシャルパートナー継続決定のお知らせ

株式会社シズナイロゴス」様 2020シーズン北海道コンサドーレ札幌カーリングチーム
オフィシャルパートナー継続決定のお知らせ

この度、「株式会社シズナイロゴス」様と2020シーズンの北海道コンサドーレ札幌カーリングチームオフィシャルパートナーとして契約継続することに合意いたしました。

今シーズンも公式戦ユニフォームひざ部分に「株式会社シズナイロゴス」様のロゴが掲出されます。

[ご協賛社] 
株式会社シズナイロゴス(代表取締役社長 伊藤 功一郎様/本社:札幌市) 
公式HP:http://www.shizunai.co.jp/index.asp

日本カーリング協会 稚内合同合宿Youtube配信のお知らせ

8/5(水)〜8/9(日)まで男女代表8チームが北海道・稚内で強化合宿を行い、
その練習試合の様子を稚内カーリング協会のご協力のもとYouubeにて配信されます。

試合の配信は、稚内カーリング協会 YouTube チャンネルから行います。
URLは以下になります。
https://www.youtube.com/channel/UCbMOLA9Z9kxvpzDPaSWUb1A

配信予定試合

8月6日(木)
10:30~ ロコ・ソラーレ VS 北海道銀行
15:00~ 富士急 VS SC軽井沢

8月7日(金)
10:00~ SC軽井沢 VS コンサドーレ
15:00~ TM軽井沢 VS ロコ・ソラーレ

8月8日(土)
10:00~ 富士急 VS 名寄市役所
15:00~ TM軽井沢 VS コンサドーレ

稚内合宿最終日

無事に今季最初の合宿を終えることが出来ました。関係者の方々に御礼申し上げます。
今シーズンの海外遠征に関しては社会情勢を考慮しながら判断していきます。

稚内合宿

チームは稚内に移動してオンアイスでの練習に入りました。
阿部選手も合流してフルメンバーでの合宿になります。

参加予定の大会中止のお知らせ

カーリングチームが出場する予定の2大会が
新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けて中止が決まりましたのでお知らせします。

■どうぎんカーリングクラシック(8月札幌)
https://www.sapporo-curling.org/information/visitor/info_visitor/1952.html

■2020アドヴィックス カップ(8月北見)
https://seesaawiki.jp/w/curlingtokoro/

2022年北京冬季五輪の新たな予選方式について

世界カーリング連盟から2022年北京冬季五輪の新たな予選方式が発表されました。

来年2021年の世界選手権で男女の4人制はそれぞれ上位6チーム、混合ダブルスは上位7チームが五輪の出場枠を獲得できます。
開催国枠の中国チームが当該する順位に入った場合は男女は上位5チームが得て、混合ダブルスは8位が繰り上がります。

日本代表チームは今年のパシフィック・アジア選手権で2位までに入れば、来年の世界選手権の出場枠を獲得する事ができます。

五輪出場枠は各種目10枠で、残りは世界予選で争います。