World Curling Tour JAPAN 準優勝

軽井沢で行われたWorld Curling Tour JAPAN大会は決勝でカナダチームに敗れ準決勝に終わりました。
大会期間中、多くの方々からご声援頂きましてお礼申し上げます。

チームは常呂合宿を経て1月にアメリカ遠征を行い、2月の日本選手権(札幌)に挑みます。
引き続きカーリングチームへのご支援ご声援を宜しくお願い致します。

World Curling Tour JAPAN

World Curling Tour JAPANに参戦します。

■World Curling Tour JAPAN 
12月20日(木)〜23日(日)

World Curling Tour JAPAN 
軽井沢国際カーリング選手権大会2018
(長野・軽井沢)
軽井沢国際カーリング選手権大会2018
大会公式サイト (https://karuizawa-icurling.jp)

■テレビ放映
BS朝日 (http://www.bs-asahi.co.jp/curling2018)
12月20日(木)午後4時00分〜
12月21日(金)午後4時00分〜
12月22日(土)午後4時00分〜
12月23日(日)午後4時00分〜※延長対応あり

ワールドカップ2nd LEG オマハ大会結果

日本代表として出場したワールドカップ2nd LEG オマハ大会は2勝4敗で予選敗退となりました。

女子日本代表のロコ・ソラーレは決勝で韓国を破り初優勝。
ワールドカップのポイントランキングでカナダに次ぐ2位にランクアップしています。

カーリングチームは帰国後軽井沢で調整し、軽井沢国際大会に挑みます。

PACC韓国大会 優勝!

日本代表として出場したパシフィックアジア大会決勝で
中国に競り勝ち優勝しました。

決勝 日本9-7中国 

決勝戦は強豪中国との対戦で、途中厳しい局面を何度か強いられましたが
阿部・谷田・清水・松村としっかり自分たちのスタイルを崩すことなく戦い、
勝ちきることができました。
チームとしては初の日本代表としての大会でしたが責務を果たすことができました。
大会期間中、多くの方から応援メッセージをメールなどで頂き感謝申し上げます。
引き続きカーリングチームへのご声援のほどお願い申し上げます。

PACC決勝進出! 2019世界選手権大会への出場枠獲得

日本代表としてパシフィックアジア大会に出場しているカーリングチームは
準決勝でニュージーランドを8-3で破り、明日行われる決勝へ進出しました。
これにより、2019年3月末にカナダ・レスブリッジで開催される
男子カーリング世界選手権大会への出場枠を獲得しました。
http://www.worldcurling.org/wmcc2019

男子決勝戦は11月10日(土)
CS日テレジータス(16:30~19:30)にてご覧いただけます。

引き続きカーリングチームへのご支援ご声援をお願い致します。

カムループス大会結果(準決勝敗退)

遠征3大会目のカムループス大会は準決勝敗退の結果に終わりました。

1回戦 vs.Dennis(BC)  Win7-3
2回戦 vs.Blandford(BC)Win 6-5
3回戦 vs.Barry (BC) Win8-6
4回戦 vs.Longworth(BC) Win4-2
準決勝 vs.Barry (BC) Lose 6-7

4勝1敗準決勝敗退
※BC=British Columbia州

今回3大会全て決勝トーナメント進出できたことは大きな収穫になりました。
劣勢の局面を冷静に対応できた点など、戦略的にも我々のスタイルが確立できている事もPACCにむけて大きな自信に繋がっています。

チームは一旦帰国し東京で調整したのちに日本代表チームとして
PACC韓国大会に向けて出発します。
引き続きカーリングチームへのご支援・ご声援を宜しくお願い致します。

カムループス大会

チームはブリティッシュコロンビア州の南中央部に位置するカムループスに移動し調整をしています。
今大会は平田洸介選手が立ち上げたKiT CURLING CLUBと、女子では中部電力が参戦。
日本勢共に上位進出を目指します。
今大会はパシフィックアジア選手権大会前 最後の大会になるので、気を引き締めて挑みたいと思います。

2018年10月26日(金)〜28日(日)
Kamloops Crown of Curling

メディシンハット大会結果 (準々決勝敗退)

カーリングチームはカナダのメディシンハットで開催された
「Medicine Hat Charity Classic」で決勝トーナメントに進出したものの準々決勝で敗れました。
今大会は強豪チームが多く参戦しハイレベルの戦いが繰り広げられ
我々にとっても様々な戦術を持ち合わせたチームと7試合対戦できたことは大きな収穫になりました。

■対戦結果
Vs.Pahl(AB) Win 9-7
vs.Appelman(AB) Win 8-4
vs.Hartung(SK) Lose 5-7
vs.Deis(AB) Win 6-5
vs.Sturmay(AB) Lose 3-7
vs.Harty Win 6-5
vs.Hartung(SK) Lose 2-3

4勝3敗 準々決勝敗退

※トリプルノックアウト方式(3敗で敗退)
※AB=Alberta州
※SK=Saskatchewan州

チームは次戦会場のカムループスに向かいます。